「ポリオの会」総会・定例会への参加

2011年7月16日(土)、大井町駅前「きゅりあん」にて「ポリオの会」総会・定例会が開催され、当共済会よりも3名が参加し、在宅マッサージの制度説明や体験治療を実施いたしました。

「ポリオの会」は1995年12月に朝日新聞声欄(東日本版)を通じて、ポリオとPPS(ポリオ後症候群、ポストポリオ症候群)についての医療情報を求めるとともに、ポリオ体験者が手をつないで自分達の体験や症状をまとめて伝えていくことなどを目的に結成されました。

現在「ポリオの会」の会員は東日本を中心として、沖縄から北海道、アメリカ、イギリスまで広がり、お互いに有益な情報を求め、医療機関に働きかけ、励ましあって、会員一人一人ができることで会運営を支える体制で、緊密に協力し合うとともに、開かれた会を目指し活動しています。 課題を同じくする障害者団体とも情報を交換し協力しあっています。

当共済会では、ポリオ体験者への在宅マッサージ治療を通じて、少しでも会員のADL、QOL向上にご活用頂けるよう、制度の利便性を改善しながら、活用の促進に取り組んでまいります。

在宅療養制度の説明(1)
在宅療養制度の説明(1)
在宅療養制度の説明(2)
在宅療養制度の説明(2)

ページの先頭へ戻る ▲